ルート配送業務に必要な資格

運転免許は必須!だけど2種免許はいらない

トラックや車を運転して特定のお客のところを回り、荷物を集荷したり届けたりすることを仕事とするルート配送の仕事。このルート配送の業務を行う場合にはどのような資格が必要になるのでしょうか。
トラックや車を運転して仕事をする以上、ルート配送の業務をするには運転免許が必要になります。会社によってどのような車でルート配送を行うのかは違ってきますので、どの運転免許が必要になるのか応募する前に応募先の会社に確認するようにしましょう。特に会社によってはAT車を保有していなかったり、あっても数が少ないなどの理由からAT限定の免許の応募を受け付けていないので注意が必要です。
ちなみに、ルート配送では基本的に乗客を乗せることがないため2種免許は必要ありません。

輸送関係仕事がより広くできる資格があれば便利

基本的にルート配送の業務は普通自動車、もしくは中型自動車で配送業務を行うことがほとんどです。そのため、荷物の多くは手や人力で運べるものが多く、ルート配送の業務自体を行うのであれば運転する車の運転免許以外は必要ありません。しかし、荷物の積み下ろしの仕事を行うことやができる資格やより大きな車を運転することができる運転免許を持っていれば、入社した後のキャリアが広がるケースがあります。
例えば大型車の1種運転免許を保有していれば大口のお客様のルート配送を任されるようになり、給料も普通免許や中型免許だけ保有しているケースと比べても高くなります。ただし教育体制が充実している企業ではこれらの資格の取得をサポートしてくれるので、有利になりそうな免許や資格を取得していないのであれば資格取得のサポートが手厚い企業を選ぶのも一つの手です。

© Copyright Route Delivery. All Rights Reserved.