ルート配送業務とその他の配送業務との違い

ルート配送業務は拘束時間が短い?

ルート配送業務は、配送ルートがあらかじめ決まっているので、1日の配送件数が変動しにくいのが特徴です。よって、勤務時間が極端に伸びて残業になることが少なく、また休みも予定通り取りやすい環境と言えます。また、ルート配送業の顧客は近隣の店舗や企業・個人の場合が多く、結果的に配送ルートが短くなるので長距離運転をすることが少なくなります。

このため、毎日配送場所やルート・件数が変化し、長距離運転も多くなりがちな他の配送業務より、比較的残業が少なく、拘束時間も短くなりやすいと言えるでしょう。ただし、会社にもよりますが、繁忙期(年末年始など)には仕事が非常に忙しくなることがあり、残業や休日出勤が発生しやすい時期がある場合もあります。

ルート配送業務は楽かキツイか

ルート配送業務がその他の配送業務に比べて楽な点は、やはり「あらかじめ配送ルートが決まっている」ということでしょう。一度道を覚えてしまえばいいので、道に詳しくなくても比較的早く仕事に慣れられる、というメリットがあります。また、荷物もそれほど重いものは運ばない傾向(例えば顧客がコンビニであれば、精々一箱10~20Kg)にあるので、荷物の積み下ろしも比較的楽です。

逆にキツイ面としては、配送する回数が多い分、時間指定がタイトなスケジュールが組まれやすいという点があります。法定速度や時間の順守について厳しく言われ、時間超過の際には電話で報告を入れなければならない規則がある会社もあり、中にはプレッシャーに感じる人もいるようです。

© Copyright Route Delivery. All Rights Reserved.