ルート配送業務はどんなことをするのか

仕事内容~お客様に荷物をお届けする~

ルート配送の仕事は、毎日決められた順序で決められた時間に、スーパーマーケットやコンビニの店舗、取引先の企業に商品を届ける仕事です。メーカーが直接運営する自動販売機を回るのもルート配送の一種です。届ける相手が日々変わる配達の仕事や、長距離トラックのドライバーのように初めての場所に商品を配送することはありません。毎日同じ道路を利用しての仕事なので、方向感覚に自信がない、日々行ったことのない場所へ運転していくのはストレスだという人でも、一度しっかり道を覚えてしまえば慌てることはないでしょう。基本的に、毎日向かう店舗も時間も決まっているので長時間労働をこなす必要が少なく、プライベートを充実させたい人にも向いていると言えるでしょう。

仕事内容~一日の流れ~

出社後アルコール検査を受け、トラックのチェックを行います。そして配送ルートを確認したら、一日分の商品をトラックに積んでいきます。その際、食品などがある場合は賞味期限のチェックを行い、荷物をおろす順番をよく考えて積み込みます。その後、配送業務へと出発します。配送先では、顔見知りの担当者とコミュニケーションをとりつつ荷物をおろしていきます。昼食は大体ルート上で取り、すべての商品を時間通りに届けたら帰社します。それからトラックの中の片付けと整理、報告書や運転記録の作成などを済ませ、翌日の配送の確認を行います。車が汚れていたらこのタイミングで洗車をすることもあります。そして再度のアルコールチェックなどを終えれば退社となります。

© Copyright Route Delivery. All Rights Reserved.